レーシック費用

レーシック手術を受けた後に出来ないことまとめ

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

レーシック手術後に出来ないこと

 

視力を改善する手術の一つであるレーシックですが、
術後には実は直ぐにやってはいけない事があります。
では、どのような事はできないのでしょうか。

 

 

 

まず、レーシック手術直後はもやがかかっているように視界がはっきりとしていません。
よくある症状である為心配は要りませんが、視界に頼る行動は当日控えたほうがいいでしょう。
例えば運転など、視界が上手く見えないと事故を起こす様な行動が当てはまりますね。

 

 

 

術後の翌日には視力が回復していますが、
実は視力が安定するには3ヶ月ほどかかります。

 

 

 

その為よく見えるようになったからといって普段どおりに過ごす際、
目を強く擦ったりぶつけたりするなどの衝撃は厳禁です。
少なくとも術後1週間は目を休ませる必要があります。

 

術後に制約があること

 

他にも目に関連するものに様々な制約がかかります。
例えば女性の場合はメイクがあります。
一般的には術後3日から大丈夫とされていますが、やはり一週間は控えたいですね。

 

 

 

スポーツでいえば激しいスポーツや水泳、ダイビングは1ヶ月後からになります。
入浴、車の運転、長時間の仕事などにも気をつけましょう。

 

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

また、カラーコンタクトレンズなどにも注意しましょう。
というのも、装着感がレーシック手術前とは異なり、
オシャレ目的のコンタクトには品質が悪いものもあります。

 

 

 

その為目を傷つける原因となってしまいます。
どうしてもつけたい場合は眼科などで相談の上、自己責任で装着しましょう。
術後は安静に過ごし、目の状態を安定させる事が大事ですね。

 

 

 

>>>どんな人にレーシック手術は向いているの?