レーシック費用

レーシック手術を受けると決めてから手術するまでの時間はどのくらい

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

レーシック手術するまでの時間

 

レーシック手術は現在良く耳にする医療になりつつあります。
しかしその手術の内容や時間などは余り知られていませんよね。

 

 

 

 

一般的なクリニックや眼科でレーシック手術を受ける場合、
流れとしては殆ど共通で適応検査を受け、カウンセリング、そして手術となります。
また、手術が終わった場合は術後検診として定期検査がありますよ。

 

レーシック手術の流れ

 

まず適応検査ではそもそもレーシック手術を受ける事が可能かどうかを確かめます。
この検査は2時間から3時間程度で、角膜の厚さなど目の状態を詳細に調べる必要があり、
この内容から完全予約制になっている場合が殆どです。

 

 

 

また、コンタクトをしている方は検査を受ける前から使用制限がありますので、
確認しておきましょう。

 

 

 

適応検査が終わると次はカウンセリングがあります。
カウンセリングでは検査結果の元、まず施術の可否について診断されます。
施術可能な場合はどのような術式を選ぶかや手術日の希望、質問などについて話します。

 

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

いよいよ手術に入りますが、実はレーシック手術は日帰り手術で、
施術時間も15分と非常に短い場合が殆どです。術後は安定するまで
15分程度回復室で横になり、その後問題が無ければ帰宅といった形になります。

 

 

 

大体時間は2時間から3時間で帰宅という形になるでしょう。
ちなみに手術後異物感や痛みを感じる事がありますが、
処方された痛み止めを使用すれば自然に治ります。

 

 

 

手術終了後は異常がないかの確認のため、翌日、1週間後、
など時間を空けて定期検査をする事になります。
感染症にかからないように注意したいですね。

 

 

 

>>>ドライアイでもレーシック手術を受けることは可能?