レーシック費用

ドライアイでもレーシック手術を受けることは可能?

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

ドライアイのレーシック手術

 

レーシック手術は目の視力を改善するために行う手術という事は、
今や殆どの人が知っているでしょう。

 

 

 

しかしレーシック手術は金額の問題もあるだけでなく、
受ける患者の状態によっても施術が可能かどうかは分かれます。
例えば目の状態が悪い人などは受けられない可能性が高いです。

 

 

 

 

ではレーシック手術を行う際、現在一般的な病気であるドライアイの人は施術が可能でしょうか。
実はドライアイの場合、程度によってレーシックを受けられる場合と
受けられない場合に分かれる事が多いのです。

 

 

 

そもそもレーシック手術を受けるためには適応検査に合格する必要がありますね。
この場合軽度のドライアイならば問題はありませんが、
ドライアイの状態によっては適応検査に引っかかってしまいます。

 

手術可能かどうかは適応検査次第

 

つまりドライアイだからレーシック手術を受ける事ができないというわけでもなく、
逆に受けられるわけでもありません。
受けられるかどうかは適応検査をするまで分からないという事ですね。

 

 

 

しかしドライアイが原因でレーシックを受けられなかったとしても、
ドライアイを治療し、症状が改善されればレーシック手術を行う事ができます。

 

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

その為まずは適応検査を受けてみる事が大事でしょう。
またレーシック手術後、数日間はかなりの人がドライアイの症状を訴える事があります。

 

 

 

これは元々ドライアイだった、もしくはひどくなったと言うわけではなく、
レーシック手術の合併症の様なものです。
通常は1ヶ月以内に収まる場合が殆どですので、余り心配しないようにしましょう。

 

 

 

>>>年齢によってレーシック手術は受けられないの?