レーシック費用

年齢によってレーシック手術は受けられないの?

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

年齢とレーシック手術

 

現在医療の一つとして普及しつつあるレーシック手術ですが、
その手術の特性上意外と制限が多いのも特徴でしょう。
例えば制限の一つに年齢があります。

 

 

 

レーシックの年齢制限は下は20歳、上は50歳程度と言うのが一般的です。
ただしこの年齢はあくまで標準であり、個人によって多少のばらつきは存在するでしょう。

 

20歳未満のレーシック手術

 

まずレーシック手術は角膜を整形する手術である為、
眼球そのものが成長段階である20歳未満の場合は
期待した視力の回復を見込めない場合が殆どです。

 

 

 

一般的には人間の眼球の成長が止まるのは20歳前後といわれていますが、
人によっては20歳以降も眼球が成長するケースもあり、その他様々な要因で
視力変化が大きく現れる場合はレーシック手術が見送られる場合もありますよ。

 

50歳以上のレーシック手術

 

逆に上限の年齢については、老眼や白内障の進行度合いが注意点になってきます。
老眼は角膜ではなく、その奥の水晶体が老化していく現象であり、
角膜を手術したとしても期待通りの視力回復効果は見込めないでしょう。

 

 

 

同じ様に白内障も水晶体が白くにごる事が原因で起こる為、
期待通りの回復効果は見込めません。この二つの症状が見られる場合はレーシックによって
十分に視力を回復させる事ができないため、手術を見合わせる事もあるでしょう。

 

レーシック,費用,料金,保険,手術,視力回復

 

しかしこの二つの症状は目の老化現象であり、
老化の速度は個人差によって異なります。

 

 

 

40歳で老眼になる人もいれば、60歳を過ぎて老眼になる人もいる為
適応検査の段階で支障がなければ50歳でもレーシック手術を受ける事は可能です。
何にせよ、まずは適応検査を受けてみる事が大事でしょう。

 

 

 

>>>老眼をレーシック手術で改善することは出来るの?